貸金業法と言う法律が改正されてから専業主婦はお金を借りにくい

貸金業法と言う法律が平成22年6月18日より改正されました。改正以降は総量規制により貸金業者からの借入は総額で年収の3分の1までと制限がかかっています。この総量規制により年収が少なく、他社から借入が多い方はカードローンにお申し込みしても審査に落ちてしまうことがあります。

専業主婦の場合は配偶者の年収と合算して年収の3分の1までなら借入が可能です。しかし大手消費者金融では専業主婦がお申し込みしても断られてしまうことが多いです。配偶者の収入に頼るしかありませんが、銀行のカードローンなら30万円から50万円借入することが可能です。

専業主婦でもお申込みできるとホームページにきちんと明記している銀行のカードローンが多く見られますので大丈夫です。貸金業者のカードローンより銀行のカードローンの方が低金利となっています。銀行からお金を借りられると言う安心感もありますが、その代わりに銀行のカードローンのほうが審査が厳しいです。

 

複数での貸付が大変ならまとめてみる

複数社から貸付商品を利用する方々は、たまに見られます。それで、稀に残念な事態になってしまっている方々も居るのです。それで解決方法などは、傾向別で色々異なります。少なくとも複数社ならば、おまとめローンが有効と考えられます。なぜなら、すっきりするメリットがあるからです。

複数から借り入れ中ですと、返済日などで混乱してしまうケースが多々あります。何月何日にどの会社に返すべきだったか、混乱するケースも多々あるでしょう。2社や3社程度なら何とか管理できても、5社や10社となると管理も難しくなる傾向があります。
ところがまとめる商品ですと、それが1社になる訳です。少なくとも返済日などで困惑してしまう事は、防ぐ事が可能でしょう。

またまとめると、手数料が軽減される傾向があります。毎月負担やトータル金額が軽減される事例も多いですから、やはり悪くない選択肢といえます。もしも複数社での貸付でお悩みなら、検討する価値はあるでしょう。

 

宅配のシステムなどは料金に関わる確認が大切

債券などは、多くの局面に関わってきます。本当に身近な局面に対して、関わっている事もあるのです。例えば、水に関するサービスです。一部の方々は、水の宅配などを望む事もあるでしょう。宅配天然水温水なども、その1つですね。綺麗な水を運送してくれる訳ですから、そのシステムはとても便利なのは、ほぼ間違いありません。

ただそれを利用するにしても、様々な料金などは確認する方が良いでしょう。例えば運送賃などです。業者によってはその料金がかなり高めな事もありますし、確認するのが無難と言えます。それと、どこまでがフリーになるかです。宅配サービスなどは、一部の料金が無料になるケースも多々あります。しかし、もちろん「全て」が無料になるとも限りません。範囲などは、確認しておくと良いでしょう。

また業者の見極めなども、重要なポイントと言えます。過去に債権に関する何らかの問題が生じていないか否かなども、重要なポイントになるでしょう。債権が身近とは、そのような意味になります。

 

バレづらい特長がある所得証明書不要な商品

人々の中には、会社などには内緒にしたいとお考えのケースがあります。いわゆるプライバシーに関して気にする方々も、かなり多いのです。例えば、借金に関する商品です。いわゆる賃金業者などを、検討するケースはあるでしょう。会社には黙って、そこから借りたいと考えるケースも多々あるのです。仕事などでは、信用の問題もあるからです。

それで賃金業者から調達をするとなると、給料に関する書類が求められるケースも、少なからずあります。いわゆる給料明細および賞与明細などが必要なケースも少なくありません。ただそのような書面を発行してもらった結果、会社に対して借りている事実が伝わってしまう可能性があります。それではプライバシーは心配ですね。

ところが、中には例外商品も存在する訳です。所得証明書不要という商品も、中には存在します。そういった商品ならば、誰かに対してバレてしまう確率は低いと考えて良いでしょう。比較サイトなどを用いると、そういった商品も見つけやすいと思われます。